文春と新潮

文春と新潮

学生時代からン十年〜ついつい今も毎週読み続けている週刊文春と週刊新潮ですが、

今週木曜日は、両者パステルカラーの表紙で、妙にコンビネーションがとれていて、

コンビニの棚に並んでいるさまが何だかかわいかった。

 

ま、それだけなんですけれども……。

 

思い返せば、文春のスクープ「疑惑の銃弾」はスゴかった。

たぶん、週刊誌を欠かさず読み始めたきっかけは、それだったんだと思います。

あまりにぶっとんだ話で、まじ〜!!! って思った。ホントはいったいどうなってんのか、

知りたくて知りたくて……基本、やじうまですが。

フルハムロード、よくTシャツ買いに行ってたし。

 

そういえばその頃、シボレーのノバっていうでっかいアメ車(なぜかパトカーみたいに

黒と白のツートンカラーにペイントしてあった)がうちにあったんだけど、

それに無線機が積んであって、(これまたなんでだかよく覚えてないんだけど)

びっくりなコトに警察無線が傍受できちゃうですよ。

で、事件現場に急行しちゃったりしてた……信じられん。のどかな時代だったのかしら?

そのくらいなやじうまぶりだった。

 

その後、しばらくしてちょっとしたきっかけからライター見習いみたいなことを始めて、

卒業後、雑誌の仕事をやるようになり……中略、てか、全略。

しかしジャーナリズムの方向には行かず(行けず?)再び略、で今に至る……です。

今も、文春と新潮と、ときどきポスト、朝日、気になる出来事があったときは、

その他ほぼすべての週刊誌を読まずにはいられない。

イヤ朝日芸能は読みませんけど。

今はネットでもっといろんな記事を見つけ出してきて読めるので、

やじうま根性も満たされます。

 

それでも知らないことだらけ、そして真実はドコにあるのか、本当のところはわからない。

 

息子がメディアリテラシーについてレポートを書かないといけないと

言っていたけど、わたしが書いてやろうか、と思った。

 

何が書きたいのかわからない、今日のわたしでした。