「原子力に替わるもの」

ダグラス・ラミスさんが10年以上前にスチューデント・タイムズの

コラムに書いた文章「原子力に替わるもの」(辻信一さん訳)

 

 

■原子力に替わるもの

 

数ヶ月前、このコラムで私は、大地震が起こるような場所に原発を建てるなんて気ちがいじみていると書いた。これに対して何通か、読者からのコメントをいただいた。ひとりはこう私に訊ねてきた。「原発に替わる代替案は何か」、と。この人は、代替案なしの反原発論は説得的でない、と言うのだ。

 

 まず私はこの読者がよい質問をしてくれたことにお礼を言っておきたい。ところで、実は私はこの質問に対する答えをもち合わせている。とはいえ、それがあまりにも単純な答えなので、ここに書くのもためらわれるくらいなのだが。

 

 原発の代替案とは何か、それは原発をもたないことである。

 椅子に座っている人を想像してみてほしい。それは快適で、豪華な椅子だ。ただ一つだけ困ったことに、その椅子の下にはダイナマイトの箱があって、点火された導火線につながっている。誰かが言う、「そこにそうやって座っているのはよくないと思うんだけど・・・」

座っている人がそれにこう答える。「じゃあ、代替案は?」。

 そう、椅子に座ることの代替案はもちろん、椅子に座らないこと。

 

 とはいえ、もちろん、私に質問した読者が訊きたかったのは、そういうことではないはずだ。その人が知りたかったのは、代替エネルギーのことなのだ。あの椅子に座っている人のたとえで言えば、「この椅子くらい快適な椅子を出してくれるまでは動かないよ」というわけだ。

 

 告白すると、私はそんな“椅子”があるかどうか、知らないのである。石炭、石油、水力ダム、天然ガスなどのほかにも、メタンガス、太陽、地熱、風などのエネルギーを使う方法が知られている。これらの“椅子”が、今私たちが座っているものほど快適かどうか、私は知らない。しかし、大事なのは、実はそんなことではない。

 

 原発一基がつくる電力と自動販売機が使う電力はほぼ同じだ、と聞いたことがある。詳しいことはわからないが、まあ、そんなところだろうとは思う。原発がなかったら、たぶん、自動ドアもあきらめなければならないだろう。ネオンサインもたくさん消さなければ。アルミ缶の代わりにリサイクルできるビンに戻す必要があるかも。今までは機械がやってくれたことも、また手でやらなければならなくなるかもしれない。それは新石器時代以降、人類がつい最近までずっとやってきたことなのだが。

 

 それはぼくたちにはとても耐えられないことだろうか? ぼくにはそうは思えない。

 要するに、「核エネルギーに反対するには、まず代替案を示すべきだ」という意見は、「核エネルギーの“必要性”を前提にしている。でも、ちょっと待ってほしい。もし本当に“必要”なら、どうやって人間はそれなしに長く生きてこられたのだろう?

 

 実は、もっとエネルギーが“必要”だというのは、もっと贅沢が“必要”だ、ということなのである。誤解してほしくないのだが、ぼくだって贅沢は大好きだ。ただ、原発事故で死ぬよりは、自販機なしに生きている方がいい、と思うだけだ。

 

 以前もこのコラムに書いたように、本当の問いは、原発を廃止するか、存続するか、ではない。いずれ必ず、廃止するしかないのだから。問題は、最悪の事態が起こる前に止めるか、後に止めるか、だ。

 原子力の代替案とは、そういうことなのである。

 

『ダグラス・ラミスの英語読本』(筑摩書房、2000年)所収、

Nuclear Alternatives」、訳者・辻信一)

 

sourced from http://www.voluntary.jp/

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ダグラス・ラミスさんは、私の大学時代のゼミの担当教授でした。

キャンパス内で、原発反対デモがあったのを思い出しました。

記憶が定かではないけど、79年のスリーマイル島の事故のときだったでしょうか?

ラミス先生がデモを煽動?してた訳ではないかも知れないけど、

ベトナム反戦運動仕込みのシュプレヒコール!を教えてくれました。

 

みんなで大声を上げながら練り歩く意味がわからない、効果もわからないと

思っていた私は、それでも黙ったままデモの列に加わったのを覚えています。

 

あのとき、もっときちんと考えるべきだった。大声を上げるべきだったのだ、と

30年もたってから思っている、愚かな自分です……