Soul Kitchen

再び、日曜のラストの回(19時〜)に渋谷シネマライズに

映画を観に行きました。

 

日曜の夜って金土に比べて圧倒的に予定なしのことが多いし、

また明日から仕事と思うと夜遊びする気にならないけど、

週末のお休みの最後の数時間を過ごすのにちょうどいいな、と最近、気付きました。

ちょっと映画行って、軽く何か食べて10時には帰ってくるっていうの。

 

比較的空いているし、それにシネマライズは日曜最終回が1000円! 

スゴい得した気分。

 

で、観たのは「Soul Kitchen」

 

ドイツの若き巨匠と呼ばれてるファティ・アキン監督。

前評判も高かったけど、予想以上にタフで、笑えて、感覚も刺激する作品。

シリアスなテーマを秘めていながら、とってもユーモラスでエンターテイメント、

かつセンスもよくて、登場人物のキャラもかなりいっちゃてる、みたいなのも

含めて大好きな映画でした!

↑怒濤の展開ながら、ラストは意外にロマンティック♡

エンドロールのグラフィックがこっていて、これもまたひとつの作品でした。

スミズミまで、見飽きさせません!