「バスキアのすべて」

今年の初映画「バスキアのすべて」シネマライズ渋谷にて鑑賞。

 

ジャン=ミシェル・バスキアは、1960年にNYブルックリンに生まれ、

27歳でこの世を去った天才アーティスト。ドラッグの過剰摂取。

キース・ヘリングスはエイズで死んだ。

 

アンディ・ウォーホールやデヴィッド・ホックニーが好きだったのですが、

80年代、反社会的なストリートアート、グラフィティアートから出てきた

キースやバスキアはホントに刺激的でした。

同年代っていうこともあったのかな?

NYもLAも、旅行に行ったら夜は絶対外出してはいけない、と言われていた時代です。

地下鉄は落書きで埋め尽くされ、ダウンタウンは暴力とドラッグに支配されていた。

けれど言葉で表現できない魅力に満ちていて、絵画だけではなく写真や音楽も

ファッションにもライフスタイルにも、焦がれるように惹き付けられてしまっていました。

そんな中で彗星のごとく煌めきを放っていた彼らの作品を、

バブルな日本でドキドキしながら見ていたなぁ。

空前の海外旅行ブームだったけど、まだいろんな意味で遠かった。

ハワイに行けば農協団体ツアーの旗がひらめいてたし……。

日本ダサい、アメリカ超クール! と単純に思ってました。若かった。

Artist  Brooklyn Museum Basquiat 1985 Jean-Michel Basquiat             Photo by LIZZIE HIMMEL©
Artist  Brooklyn Museum Basquiat 1985 Jean-Michel Basquiat             Photo by LIZZIE HIMMEL©

死後ずいぶんと過ぎて、生誕50周年、昨年の12/22(バスキアの誕生日)に公開と

なった「バスキアのすべて」は、本人と周囲の人々のインタビューを軸にした

ドキュメンタリー映画。

作品でしか知らなかったバスキアのイメージがかなりリアルに伝わってきました。

内容についてもついいろいろ書きたくなるけど、……公開中なのでやめておこうっと。


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Renita Zenz (金曜日, 03 2月 2017 17:26)


    I was curious if you ever considered changing the layout of your blog? Its very well written; I love what youve got to say. But maybe you could a little more in the way of content so people could connect with it better. Youve got an awful lot of text for only having 1 or two images. Maybe you could space it out better?

  • #2

    Kip Stockton (土曜日, 04 2月 2017 01:56)


    Pretty part of content. I just stumbled upon your website and in accession capital to say that I acquire actually loved account your weblog posts. Any way I will be subscribing on your augment or even I success you access constantly quickly.